車の下取り価格相場はいくら?

車の下取りと買取の違いを知って、なるべく高く愛車を売りましょう!

「買取り」と「下取り」の違いは、「何を根拠に車の評価を決めるのか」という部分です。どちらの方法に関しても、「車の状態」を基準に価値を決定する仕組み自体は同じですが、いわゆる「相場」の決定方法に違いがあります。

 

買取りの場合には、「一般ユーザーと中古車取扱業者」の関係によって相場が決まります。一般ユーザーが購入しやすい価格がいくらなのか、その価格で販売するためにはどのくらいの価格で仕入れ(買取り)をすれば良いのかと言った要因の「平均値」が相場として現れ、それを参考にしてユーザー目線で価値が決定するのがこの方法です。

 

車の下取り相場1

 

これに対して下取りの場合は、「ディーラーとしての価値評価」によって相場が決まります。如何に市場で人気がある車だったとしても、メーカーとして設定している評価価格が低ければ評価もそれなりになってしまいます。ただし、逆に言えば「市場評価が低い車でもある程度の評価が得られる」と言うことになるので、車によっては買い取りよりも高く評価されることもあります。

 

つまり、「高く売る」という目的であれば前者の方が有効な手段となり得る可能性が高く、「安定した評価で売る」という目的の場合には後者の方が有効な手段となりやすいと言うことです。

 

車の下取りと買取だと、どちらがオトクですか?高く売れるのはどっち?

「下取りと買取りではどちらの方が高く売れるのか」と言うと、その答えは「状況による」というものになります。一般的に言われていることとしては、「買取りの方が車を高く売れる」というものになっています。確かにこの情報は事実ではあるのですが、状況を問わずに優劣を評価することは出来ません。

 

車の下取り相場2

 

そもそもどちらの方法にどのようなメリットがあるのかを理解していなければ適切な判断をすることは出来なくなってしまうので、まずはそれぞれの方法の特徴などをしっかりと理解することが重要です。

 

あくまでも基本的な判断要素を挙げると、「状態が良い車は買取りの方が高く売れる」「状態が悪い車の場合は下取りの方が高く売れる」という特徴に合わせて方法を選択していくと良いでしょう。この判断要素の具体的な理由に関しては割愛しますが、基本的な仕組みとしてはこのようになっていると言うことが理解できていると、どちらの方法を優先すれば良いのかという判断に困ることは無くなります。

 

ただし、どちらか一方のみに執着してしまうことはデメリットが大きくなってしまうので、可能な範囲でどちらの方法も利用してみて「査定結果が良い方を選択する」と言うことにしておくと安心できます。

 

車を売るならディーラーもっていく?それとも中古車専門店、買取店、どこが一番オトク

車の下取り相場3

 

機会の問題になりますが、「新しい車を購入するタイミングでそれまで乗っていたものを処分する」という状況が多い人の場合、わざわざ買取業者を利用せずにディーラーで下取りをしてもらうという選択をする人が大勢います。

 

しかし、現状は「車を高く売るなら買取りの方が良い」という情報が広く出回っているため、これまではディーラーで下取りをしてもらっていたと言う人の中にも中古車専門店・買取業者を利用して処分すると言う方法に変更する場合も増えています。

 

この判断を的確にするためには、「下取り・買取りの違い」を理解することが必要です。根本的な仕組み自体はそう変わらないものの、「車の評価基準」には比較的大きな違いがあります。

 

例えば、買い取りの場合には「市場での評価」が価値を決定する大きな要因になりますが、下取りの場合には「メーカーの評価」が価値を決める基準です。市場では人気が無い車だったとしても、メーカーとしては非常に価値のある車だと言う評価になっている場合には下取りの方が高くなることもあります。

 

「どの方法が一番良いのか」を机上の空論で判断することは出来ないので、実際に査定を受けて結果を見て判断する方法が賢明です。

 

中古車を高く買い取りしてもらえるポイント3つ

今まで乗っていた愛車の買い替えを考えるときに、愛車の下取り価格が気になるでしょう。ただ単に下取りに出すのは損となりす。現在乗りの車を買取専門店の査定見積もりに出すことが愛車の価格を高くします。

 

車の下取り相場4

 

下取りであれば、相場をもとに最低価格で見積もられるだけです。但し、中古車買取店も高値での買い取りを謳いながら、安く買い取りできれば転売で利益が出るはずです。

 

業者は、買取価格をお客に納得させるためのテクニックを持っています。

 

ここからは買取価格を上げるための3つのポイントについてお話します。

 

1つ目は愛車の買取相場を調べておくことです。
相場を調べておくことで交渉がしやすくなります。

 

2つ目はできるだけ複数の買取店に見積もり依頼することです。
中古車一括査定サイトを利用して高値を引き出しましょう。

 

3つ目はこまめな交渉です。
一括査定で高値が出たからと言って、安心してはいけません。高値を出した業者に交渉を試みてさらなる高値を狙います。

 

もし、希望額まで到達しない場合は、別の業者にもアプローチし価格を比較します。互いの業者が競り合い、競争原理が働くことで価格が上がることがあります。中古車買取店にとって買取が仕入れであることから、必ず力を入れてきます。

 

今乗ってる車の査定額はどうやって決まるの?

車の査定額の決定方法は、主に「商品価値」「素材としての価値」のどちらかです。例えば、一般的な中古車買取業者の場合は「買い取った車を別の人に販売する」という目的で運用します。その為、「売れるかどうか」が価値を判断するポイントになり、その可能性が高いほど査定額も高くなると言う仕組みです。

 

車の下取り相場5

 

一方、廃車買取専門業者などの場合には、買取った車を別の人に販売する訳では無く「資源として活用」します。具体的には、ボディー部分を構成する素材(鉄やアルミなど)を分解して販売すると言った形です。

 

このように、最終的な活用方法が違うことによって価値を評価する基準が違ってくるため、「状態が悪い場合には廃車専門業者を利用した方が良い」と言った情報が存在しています。

 

あくまでも「通常利用可能な状態」における評価の決定方法に限定すると、「見た目がキレイかどうか」「内部状態が良好かどうか」が評価に大きく影響します。

 

見た目や内部状態が良いほど「メンテナンスコストがかからない状態」になる為、より少ないコストで販売出来る状態になります。その結果、買取業者は大きな利益を生み出すことが出来る様になるため、その分を消費者に還元するために「買取価格をアップさせる」と言うことが起こりやすくなります。

 

車査定に個人情報を入れたくない、匿名で出来るとこあるの?

車の下取り相場6

 

中古車の査定額を知りたいという場合は、インターネットの一括査定サイトを利用すると便利です。売りたいクルマの車種、年式、走行距離を入力して送信するだけで現在の査定額を知ることができます。しかも、複数の買取業者から直接査定額が届くので、実際の買取価格に近い額がわかります。

 

ただ、この一括査定サイトは大変便利なのですが、クルマの情報のほかに、名前、住所、連絡先などの個人情報も入力しなければなりません。ここに抵抗を感じる人も少なくないようです。売るかどうか決めていない、ただ買取相場を知りたいだけという場合はなおさらでしょう。このような場合、匿名で査定してもらうことはできるのでしょうか。

 

そのような場合は匿名で査定が可能なサイトを選ぶと良いでしょう。ただ、そのようなサイトの多くは、複数の買取業者から査定額が届くのではなく、機械的に買取相場がはじき出されるだけなので、正確な相場とは言い難く、だいたいの目安と思っておく必要があります。

 

また、個人情報を入力したとしても、買取業者が家に押しかけてくるわけではありません。電話番号を入力しなくても良いサイトもあるので、そのようなサイトを選べば、メールだけの返事になります。

 

事故車でも売れるの?査定額がつくの?

車の下取り相場7

 

事故によって動かなくなってしまったり大きく破損してしまったりした場合にも、買い取りによって査定額がつくケースも少なくありません。そのために事故車だからといってすぐに廃車にしてしまわずに、まずは「売る」という選択肢を考えるべきでしょう。

 

そもそもなぜ事故車であっても査定額がある程度見込めるのかというと、パーツ(部品)取りの材料とすることができるという点が挙げられます。事故によって破損した部分以外は無傷である場合が多いので、修理の時に中古部品としての需要があるためです。特に人気があり流通台数の多い車種であればあるほど査定価格は上がる傾向にあります。

 

また軽微な事故車であれば、修復して再び乗ることのできる状態に戻して販売することができるケースもあります。国内では修復歴があるとして敬遠されがちな事故車ですが、日本車の人気が高い海外であれば大きな需要が見込めますので、事故車であっても走行可能であれば売ることができるのです。

 

それらのような仕組みがありますので、万が一愛車が事故で走行不能となった場合にも、廃車にする前に一度買取業者へ相談することをおすすめいたします。思わぬ高額査定が飛び出す可能性もあるのです。

 

廃車寸前の車でも買い取り査定してもらえるの?

廃車寸前の状態でも、買い取り査定を行ってもらえる店舗があります。一般的な大手買取専門店などにおいては、廃車寸前の状態では値が付かない場合がありますが、海外に輸出を行っている専門店やパーツの再利用として扱っている店舗もある為、このような店舗を利用する事で、廃車寸前の車両であっても査定を行ってもらえます。

 

車の下取り相場8

 

特に、活用すべきなのが廃車買取をメインとしている会社もしくは、海外輸出をメインとしている店舗です。このような店舗は、通常の買取専門店とは全く異なる市場を形成している為、価格の付け方も異なってきます。走行距離が多く、年式が古くても、海外では人気があれば、買取専門店や下取りで0円もしくは廃車手続き費用が発生する場合でも、値が付き買取をしてもらえる事がある為です。

 

このような事例もある為、まずはいくつかの買取専門店にて見積もりを取る事をお勧めします。見積もりを取る事で、価値があるのかないのかの判断を行い、廃車寸前でも買取を行ってもらえる店舗や海外輸出を行っている専門店にて見積もりを取る事をお勧めします。このような手順を踏めば、廃車寸前であっても、買取をしてもらえる店舗を見つける事が出来、お得に売却をする事が出来ます。

 

車って、売る時期(季節や年式)で査定額も変わってきますか?

車の下取り相場9

 

新車が来るにしても、単に車を手放すにしても、思い出のつまった愛車と別れるのは寂しいものです。そんな愛車を出来るだけ評価してもらいたい、高く査定をしてもらいたいと思うのは、下取り金としての金額もそうですが、今までの車の扱い方を評価されているようにも思うのです。そんな査定ですが、売る時期(季節や年式)によって査定額が変わってきます。

 

車種による人気度や市場の出回り量、また名車と言われるプレミアがついている旧車、絶版車などにもよるので一概に言えませんが、一般的には、季節で言えば春から夏(2月〜9月)にかけて、特に卒業、入学、入社シーズンの春(2月〜3月)は中古車の引き合いが強く、需要が伸びる時期なので2月頃から売買が活発になることを考えると高い査定額が期待できます。

 

また、夏休み時期(8月〜9月)は、学生が運転免許を取得するのに適した時期でもあり中古車需要にもつながりますので、春に次ぐ高い査定が見込めると言えます。年式については、新しければ新しいほど良いですが、車の状態にもよります。

 

いくら新しくても塗装が剥げていたり、凹み、キズがあったりすれば査定は下がります。これらのことから、車は普段から大事に扱い、売る時期としては2月〜3月に高い査定額が見込めると言えるでしょう。

 

車って、地域によって査定額が変わりますか?

車の査定額は「状態」によって大部分が決まります。ただ、状態が良ければ際限なく買取価格が上昇するのかと言うとそうではなく、車ごとに「相場」というものが存在していて、相場を参考にしながら基準価格が設定されます。基準価格とは、「相場を基にして中古車買取業者が個別に設定する買取上限価格」のことで、これは買取業者によって大きな違いが出ることもあります。

 

車の下取り相場10

 

つまり、「より高い上限価格を設定している買取業者を利用すると車を高く売れる」と言うことになる訳ですが、その際に上限価格の差を最大限活用するためには「車の状態を良くすること」が必要になります。

 

相場は「時期」「ユーザーニーズ」などの要因で変動することになりますが、場合によっては「地域性」などが評価に大きく影響する可能性もあります。例えば、北海道や東北などの「寒冷地仕様車の価値が高い地域」では、該当する特徴を持つものが高い評価を受けることがあります。しかし、これが沖縄でも同様の評価になるのかと言えばそうではありません。

 

しかし、大手の買取業者を利用する場合には全国規模で市場を持っているので、場所などの限定的な条件で評価が大きく変わってしまう可能性は無いと考えても大丈夫です。

 

改造車は売れるの?(やや改造から、バリバリの改造まで)

車の下取り相場11

 

一般的に改造車は中古車として敬遠される傾向があります。それは、一般ユーザーにとって改造車はデメリットの方が多い為です。例えば、社外品車高調を取り付けている車両は、総じて純正より乗り心地が悪い傾向にあります。

 

また、大口径アルミホイールも見た目はカッコイイですが、インチアップによる乗り心地の悪さ、燃費の悪さが目立ちます。さらに、マフラーを社外に交換している場合、音量が大きくなってしまいます。加えて、車内外の電装品の取り付けにおいても、煌びやかな内装が好きな方もいれば、そうでない方もいる為、電装品が多い車両も敬遠されます。

 

このように一般的な市場においては敬遠されやすい為、売値も安くなってしまい、それに比例して買値も安くなってしまいます。その為、改造車を売る際にはノーマル車両と比較した際に、査定ポイントがマイナスにされる場合が多いのが実状です。

 

しかし、プロショップにおいては改造車はニーズに合った商品であることが多く、高値で買取をしてもらえる事があります。また、近年、買取専門店においては社外品のパーツもプラス査定で買取を行っている店舗もある為、改造車を売る際には、このような店舗を活用する事をお勧めします。